ストレートアイロンを使いつつ熱ダメージから髪を保護する方法【一般の方向け】

フラットレーン未分類
RENCON
RENCON

こんにちは!ストレートアイロンで熱から髪を守りながら使う方法は案外むづかしいのかもしれません。この記事では正しいストレートアイロン使い方をレクチャーしていきます。

ストレートアイロンを仕様するのは、髪をまっすぐにするための最も簡単な方法です。しかし、ストレートアイロンの誤った使用は、あなたの素敵な髪を傷めてしまう可能性があります。ストレートアイロンの熱から髪を保護するためにはどんな方法があるのでしょうか?ここでは、ストレートアイロンでまっすぐに髪を伸ばしている間、髪を熱から保護するために、実際の経験をいくつか話します。

髪が濡れている状態でアイロンは使わない

ドライヤーで髪を乾燥させているときに飛ばし切らないといけない水分が髪に残っていた場合、高音のアイロンのプレートが触れた時に「ジュッ」っと音がなります。これは瞬間的に水分が沸騰状態を起こすので髪に結構なダメージを与えてしまいます。なのでヘアアイロン使用前はドライヤー乾燥の時にしっかりと乾かすようにここがけましょう。

ドライヤーで乾かす時のポイントは根元から毛先に向かって乾かすことです。最初はつむじからスタートすると乾かすスピードがUPします。根元は水分が残りやすいのでしっかりと乾かしましょう。

熱保護できるアウトバストリートメントの使用

RENCON N˚1デラックスオイル

タオルドライの状態で中間から毛先にかけて熱保護できるヘアオイルやスプレーをつけてからドライヤーで乾かすように心がけましょう

熱保護に適したポリマーを配合しているヘアオイルやスプレーはドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守るのでオススメです!弊社の製品ですと現在は欠品中ですがRENCON N˚1 デラックスオイルがオススメです。

逆にこれはつけるのはオススメしないアイテムとは?

潤滑剤、グリセリンなどを使用した保湿系アウトバストリートメントは水分を溜め込んでしまう性質から、アイロン前に使うとよけいにダメージを促進させます。一般的には白っぽいクリームタイプのものです。植物由来100%のヘアオイルもアイロン前は熱保護の効果はないのでつけるのはやめましょう。

どちらも髪につけるとしたらアイロンの後にしましょう。

高品質なストレートアイロンを選択肢に

フラットレーン プロ チタニウム

高品質なストレートアイロンは長くて5年以上維持するので、低品質のストレートアイロンを使用することは正しい判断ではないかもしれません。粗末なストレートアイロンを使用するリスクは髪に余分なダメージを与える可能性があります。

そのため高品質で髪になうべく負担が少ないストレートアイロンを検討してください。選ぶべきポイントは3つあります。1、高性能ヒーターを搭載している2、プレートとコーティングに特殊な加工、こだわりがある3、髪の毛に対しての接地面の精度。など、ではこの3つを詳しく解説します。

高性能ヒーター

高性能ヒーターは温度ブレが少なく、熱の均一性が高いです。髪に対しても優しい熱でアプローチできるのでアイロンで毎日使用するような場合は特にその差は歴然と現れます。粗末なヒーターですとプレートに伝わる熱のムラがあったり使用中にも温度が一定ではない場合があるので仕上がりやダメージの部分で差が出ます。

特殊なプレートと加工

プレートの種類もたくさんあります。大切なのは髪を挟んだ時の引っかかりの具合です。当然滑りが悪いプレートは髪に負担をかけやすいのでダメージ原因になります。髪を挟んだときの滑り具合も大事な要素の一つです。

プレート接地面の精度

髪を挟んだ時にプレートに隙間があるのは当然、髪に熱が当たらないので何度もプレスする必要が生じるために良いとはいえません。ストレートアイロンを挟んだ時に隙間がでないか確認しましょう。

デジタル温度センサー付きを選ぶ

一部のストレートアイロンには温度を正確に調整するデジタル温度センサーが付属しています。髪をまっすぐにする時にセンサーで温度制御し温度が急速に下がるのをコントロールするのです。結果的にストレートの伸びと時間短縮に付与します。

この機能は市場になる全てのストレートアイロンについてるわけではないのでストレートアイロンを購入する際に仕様をよくみてください。

プレートが清潔な状態か確認してください

スタイリング剤がつけながらアイロンを操作する場合にはプレートの表面に汚れが付着する場合があります。仕様が終わったらプレートから汚れを取り除いてください。水または石鹸を薄めた石鹸水で掃除できます。

あなたの髪にあった適切な温度を選択してください

当然のことながら〜180℃の温度で普通の髪には十分な温度ですが、あなたの髪の毛に応じて温度をコントロールしてください。私のおすすめは高めの温度で素早く仕上がることです。低い温度で何度もプレスする方が髪のダメージにつながりやすいので高温でさっと仕上げるのがベストといえます。

クリスタイル スムージング エステの活用

なるべくストレートアイロンの使用を減らしたい、扱いやすい髪にしたい場合は、クリスタイル スムージング エステをおすすめします!クリスタイルは髪の歪んだ内部構造をととのえることで長期的にスタイリングしやすい髪にします。

また髪にタンパク質のオーバーレイを作ることで普段のあらゆるダメージ要因から保護できますし、アイロンで熱を与えた髪にツヤを与えるので普段からヘアアイロンでスタイリングする方にオススメです。

ホームケアは大切です

日本人の髪質は乾燥ダメージに脆い傾向があります。そのため水分量の少ない乾燥しすぎた状態にしないことが大切です。

そのために少なくとも週に一度はディープコンディショニングしてください。失われやすいCMCなど補修配合されているとなお良いです。普段からのシャンプー、トリートメントは日常的に髪に対してアプローチしているので最も重要です。定期的なホームケアこそ、健康で美しい髪を維持するのに役立ちます。

髪をパートに分ける

一度に全ての髪をやろうとしないでください。最初に髪を一度でまっすぐにすることができる小さなセクションに分割します。普段スタイリングするの際の幅でいえば3〜4cmくらいが良いと思います。次にストレートアイロンを適切な温度に設定し、順番にスタイリングしてください。ヘアクリップがあると作業が捗ります。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?この記事が少しでも理想的なストレートアイロンを購入するお役にたつことができたら幸いです。ちなみにフラットレーン プロ チタンは性能はProもお墨付きでオススメです。

ヘアアイロンは高温なので扱い方を間違えたり、低品質なアイロンを使うとあなたの素敵な髪を台無しにしてしまうことがあります。適切な製品や正しい操作は熱によるダメージから髪を守ります。購入する際には全ての要因を考慮してください。光沢のある美しい髪が手に入れられるように願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました